これがfreeeの進む道!

freeeの“Open Platform”というプレスリリースイベントに参加してきました!

 

参加して思ったこと…

 

freee好きで本当に良かった!!!

 

freeeが創り出している、そしてこれから創っていく世界観に心から共感するし、自分もさらにがんばって、freeeを活用して、「自分らしく、主体的に生きたい!」と想っている人をサポートできる存在になろう!と決意が固まった1日となりました。

 

イベント中に、かなり熱めにツイートしていたので、引用しながらイベントの様子を振り返ってみます!

 


まず、佐々木社長から、社会の流れとfreeeのこれまでのチャレンジについて、“OPEN Platform”の前提となるお話がありました。
↓↓↓↓


 

 


続いて、金融事業本部長の武地さんから、Open Platformの肝のひとつである、“金融機関の連携”について!
↓↓↓↓


 


そして、第2の目玉、“freeeアプリストア”について!!
 ↓↓↓↓


 


freeeとの連携で業務が楽になるサービスを提供されている各社の方々もゲスト登壇!
 ↓↓↓↓


 


CTO横路さんからfreeeのお家芸APIについてプレゼン!
 ↓↓↓↓


 


佐々木社長のまとめ!
 ↓↓↓↓


 

僕は、2013年のfreeeリリースのときは、まだ監査法人で働いていました。

 

なので、そのときは仕事でクラウド会計ソフトを使う、なんてことは全くなかったのですが、「クラウド?なんだそれ!おもしろそう!」と思って、自分のお小遣い帳を付ける目的でfreeeを使い始めました。

 

当時は、excelで複式簿記を組んでお小遣い帳を付けていて、めちゃめちゃ大変だったので、まず手軽にソフトを利用できる、しかも、家のパソコンだけじゃなくて、外でスマホでも使える!銀行口座やクレジットカードの連携ができる!というので、相当お小遣い帳の帳簿付けが楽になって、感動したことを覚えています!

 

その後、「個人起業家のサポートをしていきたい」と思い、独立して、税理士業務を始めたのですが、まわりの先輩税理士の皆さんには到底及ばない知識レベルでした。(←2015年後半あたり)

 

もう独立したひとりのフリーランスとして、価値を出してやっていかなければならない、というなかで、自分を救ってくれたのはまさにfreeeでした。

 

まだまだ業界に浸透していなかったクラウド会計ソフト、freeeの可能性にワクワクし、ビジョンや価値観に共感し、freeeを使い続け、いいところ、工夫して使わなければならないところ、活用のポイントなどを自分なりに会得してきました。

 

その結果、今では、freeeを活用して、「自分らしく、主体的に生きたい!」と願う人のサポートをするのが自分の仕事!と表現できるまでになりました。

 

僕たちフリーランスは、仕事の仕方がそのまま生き方になるので、常に、「どんな仕事が価値ある仕事なのか」というのを模索しながらやってきました。

 

今、ようやく自分の方向性が見えてきたのは、freeeというプロダクトに想いを乗せて開発して、広げて来てくれた皆さんのおかげだなーと、感謝しながら、感慨深く参加したプレスリリース会でした。

 

自分はまだまだ道半ば、いろいろチャレンジをし、振り返り、またチャレンジをして、少しずつ少しづつ、皆さんに必要とされ、価値を提供できる人間になっていきたいと思います!

 

DSC_0513

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。