“よこプレ”に参加して会社立ち上げを決意した話

昨日(5/11)、午後を丸々作業オフdayにして、
「日本一チャレンジする町」を標榜する
埼玉県の横瀬町で開催された
“よこぜプレゼン部”に参加してきました!

今回のプレゼン登壇者は4名。

☆加藤路瑛さん(中学生親子起業家)
 /株式会社クリスタルロード 取締役社長

☆山口真由さん(大阪の高校生起業家)
 /株式会社BOUQUET LAB 代表取締役社長

☆渋谷雄大さん
 /株式会社MOVED 代表取締役

☆近藤威志さん(連続起業家)
 /GTGP JAPAN Corporation

僕がこの #よこぜプレゼン部 を知ったのは、
Twitterでフォローしていた山口さん
加藤さんの投稿がきっかけでした。 

高校生、中学生にして起業しているお二人の発信、
いつも気になっていて拝見していたんです。 

そのお二人が同じ日同じ場所でプレゼンする!
これはチャンス!
と思って参加しました。


①加藤路瑛さん
「親子起業の中学生社長が目指す社会~子どもを理由に「今」を諦めない~」


加藤さんの経営しているクリスタルロードは、
お母さまが代表取締役の親子起業。

起業のきっかけは”ケミストリークエスト”
というカードゲーム。

当時12歳の男の子が起業して作ったもの
ということを知り、
「自分も働きたい!」と決意、
周囲の大人たちをちゃんと説得のうえで起業。

『子どもを理由に「今」をあきらめない』
を広げるべく、
小中高生のためのクラウドファンディングや
マーケティングを手掛けているとのこと。

6月には出版クラウドファンディングにも
チャレンジするそうで、

やりたいことを実現させていく姿や、
起業家としての展開力は
僕も見習うべきところがたくさんあると感じました!

そして、迫り来る超高齢化社会に向けて、
子どもも起業して納税する社会をイメージされていて、
社会問題にも立ち向かうその発想力に感激しました。

今までの”常識”や、”当たり前”にとらわれず
チャレンジし続ける姿、
これからも加藤さんから学びたい!と思いました。


②山口真由さん

「私が今行動する理由〜ブーケラボ設立の秘密〜」


山口さんはお祖父様の影響もあり、
小さい頃から「もし自分が経営者だったらこうする!」
という視点でものごとを見ていたそうです!

最優秀賞をとりたい!
と臨んだビジネスコンテストで見事最優秀賞を受賞。

しかし、そのときは受賞自体が目標だったので、
その後どうしようか迷いがあったそう。

いろいろと思案したうえで、
それを実現させるために起業しようと決意!

今では、企業と学生のマッチングに取り組むなど、
若者向けのイベントの企画や
運営を手掛けている山口さん。

直近では、BOUQUET AWARDという、
学生が審査員となって、
企業のプレゼンを審査するというイベントを開催。
(わくわくする会社はどこだ!?という視点)

イベントを通して、
若者をさらに元気にすることができるような、
「生きがい」づくり
をしていきたいという山口さん、

企画力ももちろんすごいと思いましたが、
普段こういうイベントに来ないような人たちが
集まるものをやっていきたい!
という想いも素敵だなぁと思いました。


③渋谷雄大さん


高校を出て鍼灸の専門学校へ進まれた渋谷さん。
スポーツ選手のサポートをしたい
という想いを持っていたそうです。

世界をまたにかけ活躍する選手を
サポートできるように、
語学力を高めるためオーストラリアへ。

そこで働き方・生き方に対する考えが
変わったそうです。

今では、
「やりたいことができる仕事、
実現したい生き方を実現できる仕事をつくればいい」
という想いでMOVEDを運営するとともに、
複業を実現。

すべての仕事に100%で向き合っているとのこと!

自分も、独立当初は税理士業務がメインでしたが、
だんだんとやりたい仕事をひろげてこれているので、
渋谷さんのお話がとても腑に落ちて、
勇気をいただけました!


④近藤威志さん


2001年以降、8法人20以上の事業の立ち上げに
参画されたという近藤さん。

パラレルワークとか、複業とかが一般用語になる前から
その生き方を実践してこられてる方でした。

特に印象に残ったのが、
「10,000人が同じようなことを思いつく。
この中で実際にやり始められるのは100人。
そして、続けられるのは1人。
続ければ、それだけでも10,000人分の1。」
という言葉。

これまで、
自分自身いろいろチャレンジをしてきたから、
今後続けていきたいことは何か、
もう一度向き合ってみようと思いました。


#よこプレ に参加して決意したこと


今回のイベントに参加して決意できたことがあります。

それは、6月中に法人をひとつ立ち上げること。

今、僕は、
矢野会計事務所つながるサポート株式会社
という体制で仕事をしています。

矢野会計では、
クラウド会計freeeの活用を中心として、
経理コンサルや税理士業務を手掛けてます。

つなサポでは、起業家でも、お勤めの方でも、
“出会い”をきっかけに人生がより良くなる、
そんなひとつなぎサポートがしたくて、
イベントやセミナー、スクールなどを企画運営しています。

最近、個人事業主の矢野会計事務所で手掛けている
freeeの導入・活用サポート事業を
会社にしてやっていきたいなぁと考えていたんです。

なぜかというと、開業以来、
freeeユーザーとしてfreeeと向き合い続けてきて、
それをSNSで発信し続けたり、
最近ではユーザー会計人コミュニティ#マジカチ の
リーダーをやらせてもらっている中で、

もっともっと本気でfreeeの導入サポートや
活用サポートに取り組みたいと思ってきたのと、
その本気をまわりの方々にも知ってもらいたい
という想いが強くなってきたから
です!

ただ、なかなかアクションできずにいました…


なかなかアクションできなかった理由


僕がやりたいと思いながらも
なかなかアクションできなかった理由。

それはたったひとつ、

「まわりの目を気にしていた」

からです。

以前に、地域の税理士の集まりの飲み会で、
大先輩の税理士に、「コンサルなんて詐欺だ!」
的なことを言われました(^^;

酔った勢いだったかもしれませんが、
自分には結構インパクトのある言葉でした。

だから、
やりたいこととはいえ、これ以上目立ってしまうと、
何か良くないことがあるんじゃないかなぁ
と漠然と不安に思ってしまっていたんです…

でも、本当に来てよかった!よこプレ!

前半のお二人の話を聞いたあとの休憩で、
よし、やろう!ためらってる場合じゃない!
やるっきゃない!と決意が固まりました。


一番心が動いたこと


休憩の際にすでに決意できてしまったのは、
お二人が、

起業は、想いを実現させるための
“手段”であるということ。

想いの実現のためには、勇気をもって
ネガティブな意見に立ち向かったり、
もはや気にしないようにするということ。

というメッセージを送ってくれている!
と感じたからです。

自分は、開業以来、
主に税理士として活動してきて、
起業家さんや企業の経理の方々と接して、

なんとなく経理業務は地味なルーティン作業
という印象を持たれている方がまだまだ多いなぁ
という印象を持っていました。

そんな中で、僕は、
使うツールを変えたり、
仕事の流れを変えたりすることで、
それってガラッと変わるよ!
もっとやりたいことに時間をつかえるよ!
ってずっと思ってました。

でも、新しいお仕事のお話を、
顧問税理士という立場でお受けしようとすると、
なかなかそのメッセージが伝わりづらい
とも感じていました。

だから、これから、想いが届くように、
クラウド会計freeeを中心に、
仕事の流れを効率的にするコンサルティングをしたり、
効率的に把握した現状をもとに未来に向けた
作戦会議ができる相手に慣れるような事業
に取り組む法人をつくります!

自分のメッセージが、
必要としている人に届いてくれるよう

その本気度を示せるように、
“会社”という形にして、新たな一歩を踏み出します!

これが、よこぜプレゼン部に参加して
決意したことです!

本当に大盛況でしたね!
これからも楽しみ!!

プレゼンターの皆さまはじめ、
運営に携わられた皆さま、
横瀬町の皆さまには感謝をお伝えしたいです!
(だから次回も参加しよう(^^))

わりとスケジュールパンパンなのですが、
6月中に立ち上げ、7月にはスタートさせたいので、
睡眠時間削って準備したいと思います!(笑)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。